有利な投資用物件情報はどう入手する?-Part2

前回、「購入待ち状態」にすることを目標とする!
とお伝えしました。

ただ、それだけではいつまで待っても連絡は来ないでしょう。

「良い物件があれば、教えてください!」と言えば、「わかりました!お待ちください!」と二つ返事で回答をくれると思います。ただ、紹介してもらうためには、良い物件がどのようなもの(どのような物件を購入したいと考えているのか)、自分がどのような客であるかを不動産業者に分かってもらわねばなりません。

わたしの場合、コンタクトを頻繁にとり一部の業者の方とはプライベートでご飯などいくような関係までになりました。

(この関係構築が効いたなーと感じるのは後々、感じてきたことですが。。。)

関係を気づいていく中で、不動産業界の仕組みや情報などの1つの物件の”売り手-買い手”の関係だけでは得られない情報を得ることができました。また、相手からも自分が手に入れたいと思っている物件のイメージをはっきりと持ってもらえたり、アパートも持ってみたい!という話を少ししたこともあり、不定期に情報をくれるようになりました。

未公開情報が入ってきたら、業者に「あの人にまずは紹介してみるか!」と思ってもらえるような仕掛けを施すことが重要です。

仕事もそうですが、投資も人脈がとても大事だとなーと強く感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました