20代の太陽光発電②

表面利回り

 前章で太陽光発電の仕組み、FIT制度の内容について触れましたが、どのくらいの利益が見込みるかについて触れたいと思います。

 どの管理会社に(太陽光発電の)物件を紹介してもらってもほとんどが、”10%”前後という高利回りです。購入時の金額を10年の運用で回収できる計算となります。投資でこの利回りはすごいです。株で高配当の企業ですら5%前後ですし、新築マンションも同率くらいです。

 不動産であれば、家賃も年々下がっていき、購入時の利回りを維持できなくなるケースが多いですが、太陽光発電は前章で紹介した“FIT”により、売電価格が維持されるため利回りを維持できるのが特徴です。とてもリスクが小さいく、安心して投資ができます。

融資

 太陽光発電するためには、数千万の購入がほとんどですが、いきなり購入金額全てをキャッシュで払える人はほぼいないと思います。私も当時は貯金全ても費やしても購入ができませんでした。
 太陽光発電は不動産より20代の若い人でも購入しやすい商品と言われています。20代、年収500万円ない人でも購入ができます。その理由は、そのステータスでも銀行などから融資を受けやすいからです。

なぜ、融資を受けやすくて、購入しやすいの???

 上記で説明したように、FIT制度により、20年間で固定価格で安定した収益が見込みるためです。年収が低くても安心して銀行は融資をしてくれるのです。
不動産は「空室があって家賃収入がない場合、家賃が下がってしまう場合などのリスクに対応できる年収があるか。」とお金を貸す側はある程度、購入者の属性を気にしますが、そのリスクがないため、ハードルがかなり低いのです。

これを利用しないことには、何も始まりません!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました